次元と事件と資源と試験

感情的に語って生きたいですね。

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」見たので感想・レビューとか

表題の通り、ジョジョの映画を見てきたので、ちょっと語りたいこと、言いたいことをテキトーに書いていきたいと思います。

ネタバレは下のほうにまとめておくのでまだ見てなくて見ようとしている人は見ないほうがいいと思われます。

 

続きを読む

ニーア オートマタ 感想・考察とか

今さっき、NiaR:Automataをクリアしたので感想・考察を書いていこうと思います。

ネタバレなしの感想は上の方にまとめて書きます。

www.jp.square-enix.com

まずはネタバレ無しの感想を。

続きを読む

シャドウバース ミッドレンジネクロのプレイングガイドライン

シャドウバースでさっきA0になって嬉しいのでちょっとしたデッキレシピと使い方を書き連ねます。

1.デッキレシピ
f:id:den8mk2:20160914205343p:image

ソウルコンパージョン×2
ベルエンジェル×3
スパルトイサージェント×3
スカルウィドウ×3
消えぬ怨恨×3
ラビットネクロマンサー×3
ケルトンナイト×2
ソウルハント×2
腐の嵐×2
ウルズ×2
悪戯なネクロマンサー×2
地獄の解放者×2
深淵への誘い×3
死の祝福×3
デュエリスト・モルディカイ×2

2.デッキの特徴
・対応力の高いミッドレンジ
除去スペルが10枚と多く採用されており、盤面を取る事に関しては長けていると感じます。またケルベロス、死の祝福、地獄の解放者といった1対多交換を狙えるフォロワーを搭載することにより、盤面を取りつつアド差を拡げて最終的に相手が息切れした所で勝ち切る。といった勝ち筋が多いです。

また、ケルベロスの2点×2を盤面に使うかリーサルを取りに行くか状況によって使い分けられ、ラビットネクロマンサーをウルズで割ることでリーサルに届くといった事もあり、このような盤面重視のミッドレンジだとしてもバースト圏が狭いとは感じられないです。

・モルディカイによる圧殺
いわゆるパワーカードとして知られるモルディカイを採用しています、8T目に出せたならば大幅な盤面有利を取ることが出来ます。

いわば毎ターン5点焼きが消費無しで使える状況になり、更にソウルコンパージョンが1マナ2ドローカード、ウルズで増殖出来る為かなりゴリ押しが効く展開になると思います。

・息切れしにくい
除去スペルの多いデッキは一般的には息切れしやすい傾向にありますが、このデッキはドロー手段が多く、スケルトンナイトと地獄の解放者といったラストワードでフォロワーを展開するフォロワーによる場持ちもあり、壊滅的な引きでなければ常に手札は尽きない状況になります。

・弱点
弱点としては、ロイヤルの複数召喚と大型フォロワーによる多対1交換の強要、消滅が挙げられます。

消滅は言わずもがな、ロイヤルはスペルによる1対1の交換をしていると自然とアド差が拡がっていきます。

また大型フォロワーが出た際に確定除去を握っていない場合、こちらのフォロワーは基本的には小型フォロワーが殆どな為、(モルディカイを除くと4/4/3が最大)
ほぼ確実に多対1交換をしなければならないことになる為、強みを活かせない展開になりがちです。

3.試合展開
・マリガン
2コスフォロワー以外全マリガンでB2までは余裕でした。

今はこの順番でマリガンを考えています。
スパルトイサージェント
スカルウィドウ
ベルエンジェル
のうち1枚をキープ(優先順位は上から)

後攻の場合悪戯なネクロマンサーをキープ

相手がロイヤル→腐の嵐

キープ出来たら
ラビットネクロマンサー
ケルトンナイト
以外はマリガン
また、スカルウィドウorベルエンジェルをキープした場合はソウルコンパージョンもキープ


・1〜4T
顔は殴る以外選択肢が無い時以外殴る必要はありません。
1対1交換以上の動きを最優先して動きます。アグロ相手にはこの時点で体力が13未満になってもおかしくはありませんが、常に有利交換をし続けることがここでは肝要です。

また、今後の展開に備えて墓地を増やしておくというのも頭の片隅に入れておいて下さい。要は消えぬ怨恨で無駄に墓地の消費をすると死の祝福、腐の嵐、深淵への誘いといったネクロマンスによる強化が著しいスペルのテンポが遅れることに繋がります。
なので、この辺りの除去はすこし遅くてもソウルハントを使うか、2点火力として2/2/2か3/3/2に怨恨を打つかのどちらかになります。
ただアグロ相手に1:2交換ができる状況になったならば腐の嵐を惜しまず使うのが吉です。

・5〜7T
この辺りで相手の戦型がわかると思います。
ここで相手に合わせて動きを変えて行きます。
アグロであれば最速死の祝福を狙う、コントロールであれば除去スペルを使い顔を殴るといったプランを立ててプレイングを組み立てていきましょう。

強い定番ムーブとしては、
・進化フォロワーに除去スペルを使い進化権のアドを取る
・最速死の祝福
ケルベロスで終盤の為に火力確保
などが挙げられます。

・8T以降
モルディカイの出番です。ただその場での制圧力は無いので進化権を確保する必要があります。

また、ケルベロスが盤面取りに即効性を持つようになり、リーサル範囲も拡げる為、かなりゴリ押しが効く様になります。(理想としては5〜6T辺りに出したいですが、盤面が怪しくなる場面が多く、進化権を消費することになります)

4.進化権の使い方
強い順には、
モルディカイ
地獄の解放者
悪戯なネクロマンサー
ベルエンジェル
ケルトンナイト
その他
のような順です。

モルディカイは言わずもがな、地獄の解放者は、序盤に小型フォロワーを破壊→相打ち→リッチで戦闘という流れで1対多交換がしやすいです。

また、基本的にはラス1の進化権以外は早めに使う方がいいです。特に後攻は4→5Tで連続して使ってもいいぐらいです。
重要な事は盤面を取り続けけることです。相手の進化権を除去スペルで凌ぎ、自分の進化権は有効に使える時に使いましょう。

・ウルズについて
中盤は地獄の解放者、ベルエンジェル、スカルウィドウに使い、終盤には勿論モルディカイに打つのが有効です。
リーサル計算にラビットネクロマンサーを割ることを入れて考えましょう。


まぁ大体こんな感じで勝率8割ぐらいで結構楽しいので使ってみては如何でしょうか。

まー次のパックで相対的に弱くなるとは思いますが…


ISLANDというギャルゲーの感想を書き連ねる

今回はエロゲーメーカーFrontwing(フロントウィング)の「ISLAND」というゲームをプレイしましたので評価・レビュー・感想・考察等書いていきます。

未プレイ、これからやろうか迷っている方はまずここを。

never-island.com

ゲームの性質上ネタバレが致命的なモノになるのでネタバレは下にまとめて書こうと思います。

まずはネタバレ無しでの感想から。

続きを読む

「童貞を殺す服」では童貞を殺せない

そういえば「童貞を殺す服」ってちょい前にあったなって思って調べてみたら、

 

「そんなんじゃ虫も殺せねえよ!!」

 

ってなったので「童貞を殺す服」では童貞を殺せないことについて考察する。

続きを読む

EXVSFBにおけるフルアーマーZZについて語ってみる

家庭用EXVSFBでフルアーマーZZが勝率60%で☆5、ランクマッチシャッフル金プレになったので記念というか再確認も兼ねてこの機体について語ってみたいと思います。

 

※自分の考えが一概に正しいとは限りませんし、もっと上手い方が解説をしている記事なり動画があればそれを参考にした方が良いと思います。あくまでこの機体を1000回程度使った人間の感想です。鵜呑みにすんなよ!自分で考えてこそのフルブだぞ!

続きを読む

「荒木飛呂彦の漫画術」を読みました。

こんにちは、今日友人がイオンでコンタクトレンズを作りに行くということでなんとなくついていったら中々時間がかかってしまうようでゲーセンで暇を潰したりアニメイトに群がる女性たちを眺めていたんですけどもあまりにも暇すぎたので前々から気になっていた本を読むかなと本屋で探したらあったのでスタバで読んでました。

実は梅原大吾の「勝ち続ける意思力」のほうが読みたかったんですが、正直期待以上に面白かったです。

 

荒木飛呂彦の漫画術(集英社新書

著:荒木飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険はもちろん好きで、たしか小学生の時に中学生の兄が三部の単行本を買ってきたのが出会いで、なんやかんやで今まで読み続けています。

ここ最近で荒木飛呂彦が非常に注目されている流れで今もアニメをやっていますね。

さて、この本について語りたいと思います。本に対するレビューというか書評というのははるか昔に読書感想文を書いてそれっきりなので色々と酷いと思いますが許してくださいな。

続きを読む